自分の体温の平熱は平均値に入ってますか?

【スポンサーリンク】

平熱の標準値と平均値について

自分の平熱を聞かれたら、答えられますか。

 

中には基礎体温表を毎日つけてセルフチェックしている人もいるでしょうが、
自分の体温を把握していない人がほとんどではないでしょうか。

 

体温は、体調のバロメーターと言えます。
自分の体温をいつでも把握しておくことで、体の不調を未然に防ぐこともできます。

 

日本で成人の正常な平熱といわれる体温の標準値は36.6℃から37.2℃の間です。
また、平熱の平均値は36.89℃です。

 

この温度が新陳代謝がスムーズに行われ、酵素が働く適温です。
あなたの体温は36℃以下になっていませんか。

 

風邪をひきやすかったり、疲れやすくなったり、よく気分が落ちこむようになった
と感じることはないでしょうか。

 

そのような体や心の不調は、体が低体温の場合に起こっていることが多いのです。

 

体温が低いと、基礎体力が低下し、新陳代謝も悪くなります。
すると病気にかかりやすくなったり、太りやすい体になったり、ストレスを感じたり、
体によくないことばかりが起こります。

自分の体温を知り平熱を意識する

自分の体温としっかり向き合うことは、自分の体を知り、ケアすることにつながるのです。
正しく体温を測り、日常的に把握しておきましょう。

 

体温は、脇の下、口の中、耳、直腸で測ることができます。

 

ただこの場合、
測定できるのは皮膚の温度や直腸の温度で、その温度によって本当の体温を推定するものです。

 

体温を正しく測るためには、できるだけ最も温度が高い部分で測るようにします。

 

脇で測定するなら脇の下のくぼみ部分、口の場合は舌下のすじの横が最も体温が高い部分です。
これらの部分に体温計の先端を当てて、体温計の先端をぴったり包むように測定しましょう。

 

また、体温は1日のうちでも運動や食事、日常生活で変化してしまうので、
毎朝起きてすぐ測ると、正しい体温を知ることができます。

 

体温計にも種類があります。

 

水銀体温計と、実測式電子体温計、予測式電子体温計の3つです。

 

水銀体温計と実測式電子体温計は、脇の下の計測では10分程要します。
予測式電子体温計は30から90秒くらいで平衡温度を表示します。
朝忙しい人には、数秒でで平衡温がわかる耳式体温計が人気です。

 

人が生きていくうえで大きな意味を持つ体温。
ぜひ毎日体温を測り、自分の体と向き合ってみてください。

【スポンサーリンク】

関連ページ

基礎体温の測り方。低体温は妊娠しにくい体に。
不妊や流産をまねく低体温。自分の基礎体温を正しく測り低体温を改善するための方法とは!
低体温症とは低体温より危険な状態をいいます。
事故や遭難に巻き込まれた、冷たい海に潜ったり、寒い冬山などで起こる、低体温より命が危ない状態の低体温症についてもっと知りましょう。
低体温は痩せやすい体質ではない!
低体温の人は痩せにくい体質です。痩せやすい体質にするにはどうすればいいのでしょうか。
肥満の原因になる低体温になっていませんか?
低体温がダイエットを妨げる、肥満の原因とどうかかわっているのか、知ることで肥満解消のヒントになります。