平熱が低い低体温が招く症状や病気ってなに?

【スポンサーリンク】

平熱が低い低体温とは?

私たちの体をウィルスや細菌、体内で発生した有害物質から守ってくれる免疫力は、
体温が36.7℃のときに最も良く働くと言われています。

 

免疫力が下がった状態では、心身ともに様々な不調が表れます。

 

人の体温が36.5℃から37℃のとき、免疫力は最も活動がさかんで、元気いっぱいの状態なのです。
36℃以下になってくると、やや免疫力が低下し、
疲れやすくなるなどの低体温の不調が見られるようになります。

 

さらに35.5℃の体温では免疫システムのバランスが崩れ、自律神経に支障が出たり、
アレルギー症状やアトピー症状が出現したりします。

 

排泄機能も低下し、便秘などになりやすくなります。
さらに体温が35℃にまで下がると、免疫システムがうまく機能しなくなり、
こんどは、ガン細胞が活発になり、元気いっぱいの手助けをしてしまうことになるのです。
よく、体温が高い人はガンになりにくいと言われていますね。

 

人の免疫システムは、白血球の中の顆粒球とリンパ球から成り立っています。

 

リンパ球には体内の有害物質を排除する働きがあります。
このリンパ球の力が強いことが、免疫力を高めるため、体温が高いほど数が多いと言われています。

 

つまり高めの体温を保つことで、細菌や有害物質が体内に入るのを防ぎ、
病気にかかりにくい体になるのです。

 

風邪をひくと熱が出るのは、病原体を退治するために体がリンパ球を増やしているからです。
体温が人間に与える影響が大きいことがわかりますね。

うつ病やストレスにも影響をあたえます

体温は様々な病気と密接に関わっています。
以外かもしれませんが、うつ病も、その疾患のひとつです。

 

うつ病のときは、体温が低下し、全身の新陳代謝が衰えた状態です。
同時に低体温により内蔵の動きも低下し、気力や集中力が失われてしまうのです。

 

うつの症状は朝から午前中にかけてひどくなると言われていますが、
早朝は平熱体温が最も低いことが理由のひとつです。

 

朝は朝食をしっかり食べ、温かい飲み物をとることで、体温も気分も高めることが大切です。
寒い地方よりも、暖かい地方にお住まいの方のほうが陽気な方が多いのも
体温と関係があるのかもしれませんね。

 

また、人間は気温に関係なく、
過度なストレスを感じるとアドレナリン、ノルアドレナリンというホルモン分泌が高まり、
血管が収縮して血行が悪くなると言われます。

 

血行が悪くなると体温も低下し、低体温に陥ります。
ストレスは低体温の一因となっているのです。
ストレスが低体温を招き、結果としてうつ状態に陥ってしまうことがあります。

 

このように、低体温は免疫システムのバランスを狂わせ病気になりやすい体にするだけではなく、
精神面にも重大な問題を与えてしまうのです。

 

平熱が36℃を超えない人は、いつでも体に負担がかかっています。
低体温を自覚することで、体からのS.O.Sを受け取ることができるのです。

低体温はどうよくないの?記事一覧

正常な平熱と日本の平均を知ってますか?

自分の平熱を聞かれたら、答えられますか。中には基礎体温表を毎日つけてセルフチェックしている人もいるでしょうが、自分の体温を把握していない人がほとんどではないでしょうか。体温は、体調のバロメーターと言えます。自分の体温をいつでも把握しておくことで、体の不調を未然に防ぐこともできます。日本で成人の正常な...

≫続きを読む

 

基礎体温の測り方。低体温は妊娠しにくい体に。

その基礎体温の測り方は間違っていませんか?女性なら、基礎体温という言葉を聞く機会は多いですね。実際、毎日基礎体温を測って表などに残している人もいるでしょう。私も、そんな時期がありました。近頃はwebサイトやスマートフォンのアプリで自分の基礎体温が管理でき、より気軽に基礎体温をつけることができるように...

≫続きを読む

 

低体温症とは低体温より危険な状態をいいます。

低体温は、場合によっては命に関わります。体の中心部の温度が35℃以下になることを低体温症と言い、死亡するケースもあります。意図的に、麻酔などで体を35℃以下の低体温にする場合もありますが、事故や不慮の事態によって低体温症に陥ることを偶発性低体温と呼んでいます。海や川で事故に合った場合や、冬の山で遭難...

≫続きを読む

 

低体温は痩せやすい体質ではない!

あまり食べないのに太っていると悩んでいる人はいませんか。反対に、よく食べるのに全然太らない、という、うらやましがられる人もいるかもしれません。この違いは何なのでしょうか。実は太りやすい体も、体温の低さが原因となっている場合がよくあるのです。最初に答えを言ってしまうと、痩せやすい体質には高い体温が必要...

≫続きを読む

 

肥満の原因になる低体温になっていませんか?

体温が36℃以下の低体温になると、新陳代謝が低下し、太りやすい体になってしまいます。新陳代謝が低下するという意味は、脂肪や糖分に塩分などの余分なエネルギーを、本来は燃やしてくれるはずの褐色脂肪細胞がうまく働かなく、また蓄えることに専念する白色脂肪細胞が脂肪を蓄えていくという意味です。肥満の原因を改善...

≫続きを読む

 
【スポンサーリンク】