低体温と自律神経の関係

【スポンサーリンク】

低体温と自律神経の密接な関係について

自律神経失調症というのは、近年よく聞かれるようになった病気です。
病院で検査しても特に病気のある部分が見つからないのに、
頭痛や下痢、めまいや吐き気が治まらない場合、自律神経が原因として考えられます。

 

では、低体温と自律神経失調症はどう関わるのでしょうか。

 

そもそも自律神経とは、心臓を動かしたり汗をかいたりと、
自分でコントロールせずとも自動的に働く神経のことを言います。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があり、
交感神経は活動する神経、副交感神経は休む神経と言われています。

 

交感神経と副交感神経はその状況に応じて自動的に切り替わります。

 

自律神経の役割は具体的に、ホルモンなどの分泌を働きかける、免疫力を整える、体温を一定に保つ
など体に必要な働きをしたり、緊張して心臓がどきどきする、悲しくて涙が出るなど、
精神的な刺激を体に現します。

 

この自律神経が、うまく働かない自律神経失調症の場合、
体や心に不調が起こり、これによってうつ病などを引き起こすこともあります。

 

この自律神経と体温は、密接な関係にあります。
自律神経が乱れ交感神経が過剰に反応すると、血液が酸化し、血液がドロドロの状態になっていきます。

 

逆に副交感神経が過剰に働くと、血管が拡張してしまい、血流が滞ります。
血液の乱れが悪くなることで、低体温を引き起こしてしまうのです。

 

体温が低くなれば、免疫力や新陳代謝が悪くなり、ことさら体から活力を奪います。

 

自律神経失調症による低体温は、さらに症状を悪化させてしまいます。
自律神経の乱れ、低体温をともに改善することが求められます。

自立神経のバランスを整える

自律神経を安定させて体温を高く保つのに効果的な方法をご紹介しましょう。

 

手足の指には神経が集中しています。
ここをマッサージすることで、神経のバランスを整えます。

 

爪の生え際の両端を指ではさむように揉んでください。
すこし痛いくらいの力加減で大丈夫です。

 

また、腹式呼吸も効果的です。
鼻から息を吸って、口からゆっくりと吐きます。
ゆっくり、長く呼吸しましょう。

 

息を吸ったときにお腹がふくらみ、吐いたときにへこむのが腹式呼吸です。
この呼吸法が日常的にできるよう意識しましょう。

 

緊張している間は、自然と呼吸が浅くなっているため、呼吸を長く一定にすることで
自律神経のバランスを整えるという意味があります。

 

ゆっくりお風呂に入るのも、神経をリラックスさせ体温を高めるのに効果的です。

 

神経のバランスを整えれば低体温も改善され、健やかな体を作ることができます。
大きく関わりを持つ自律神経と体温。
どちらか一方でもバランスが狂えば体に不調をもたらす、健康の鍵なのです。

【スポンサーリンク】

関連ページ

低体温の原因は何からきてるの?
低体温の原因はそもそも何だろう?意外な症状や原因を知り、改善と治療のために必要なことは何か。
インフルエンザは低体温に特に注意しよう!
インフルエンザになったら低体温の人は平熱のひとより注意が必要です。
低体温は頭痛になりやすいの?
低体温は、どうして頭痛がおきやすいの?頭痛にも種類があり、どの頭痛なのか知っていますか。
低体温が腰痛を引き起こしていた!
意外!低体温が腰痛を引き起こす原因とは?
低体温は貧血になりやすい。
低体温はなぜ貧血になりやすいの?原因と改善方法を知っておきましょう。
低体温はアトピー性皮膚炎を悪化させる。
低体温がアトピー性皮膚炎を悪化させる原因ってなに?
低体温は体がだるい?
体がだるい原因が低体温の場合、どんな悪影響があるのが知っておきましょう。
低体温とめまい吐き気や動悸は病気のサイン
低体温と関わる症状で、めまい吐き気や動悸は、他の病気かもしれません。
低体温は生理痛を悪化させる。
低体温はどうして生理痛を重くし、生理不順にさせるのでしょう?
低体温と子宮筋腫・子宮内膜症は大きく関わっています。
低体温は子宮筋腫や子宮内膜症になりやすい体を作ってしまいます。
低体温は子宮がん乳がんになりやすくなる。
低体温はなぜ子宮がん乳がんになりやすくなるのでしょうか。わかりやすくまとめたサイトです。
低体温は乾燥肌のトラブルの原因に。
低体温はなぜ乾燥肌になるのでしょうか。肌トラブルの原因と改善方法について、わかりやすくまとめたサイトです。