低体温をお風呂で改善

【スポンサーリンク】

お風呂で低体温を治すコツ

お風呂で低体温を治す前に、
適度な運動を続けること、バランスのよい食事を3食とること、規則正しい生活を送ること、
この3つが大切で、心がけ続けなくてはならないことを前提に紹介していきます。

 

これらの習慣を続けることによって、徐々に低体温が改善し、理想的な体温を保てるようになります。
一朝一夕に低体温が改善するものではありません。

 

そこで、すぐに体の冷えを取りたい、低体温の改善にもっと早く効果を求めたいという人は、
この3つの習慣に加えて入浴にも意識してみてはどうでしょう。

 

入浴は冷えの改善、そして低体温の改善には強い味方です。
忙しくてついシャワーで済ませてしまう人も多いですが、毎日しっかり湯船に入ることが大切です。

 

お風呂に入ってお湯につかることで、血行が促進され、新陳代謝もアップします。
そして体温を高く保てるようになるのです。

 

低体温を改善するために効果的な入浴の方法があります。

 

体の冷えをとるために、熱いお湯に入る人もいますが、これは逆効果です。
お湯の温度が42℃以上になると、交感神経が刺激されて体が緊張し、
血圧が上がります。心臓に負担もかかってしまいます。

 

低体温、冷えの改善に最適なお湯の温度は40〜41℃。平熱プラス4℃のお湯が、適温
だと言われています。
適温のお湯に、ゆっくりつかることが効果的です。
少なくとも10分、できれば30分くらい、ゆっくりと入りましょう。

 

適温のお風呂にゆっくり入れば、副交感神経が優位になり、リラックス効果が期待できます。
血行も促進され、体全体がしっかり温まります。胃腸の働きもよくなるため便秘も改善されます。

長風呂のポイント

10分以上と長く入浴するうえで、できるだけ心臓に負担をかけず、効果的に全身を温めるために、
半身浴をしましょう。

 

ジッと入浴するのが苦手なら、浴室テレビをみたり、雑誌や本を持ち込んで、読みながら浸かっていると
20分でもあっという間に過ぎます。

 

お風呂で長電話もいいですね。

 

半身浴は、みぞおちからの下の部分をじっくり温めることで、血流がよくなり全身が温まります。
心臓まで浸かると、長時間はしんどくなりますので、
みぞおち(アンダーバストのあたり)ラインで湯に浸かるのがよいです。

 

また、長時間入浴するときは、脱水症状に気を付けて、水分補給を忘れないようにしましょう。
水の入ったペットボトルをお風呂に持ち込むのもよいですね。

 

体を温める効果のある生姜やみかんの皮、ヨモギなどを浮かべて入浴するのもおすすめです。

 

ヨモギ風呂は細かく刻んだヨモギをガーゼなどに包んで、
みかん風呂はみかんの皮を乾燥させたものをガーゼなどに包んで湯船に浮かべます。
生姜風呂は、生姜をすりおろしてからガーゼに包みましょう。

 

入浴する時間帯にもポイントがあります。

 

お風呂は夜寝る前に入るという人が多いですが、
低体温の改善のためには午前中に入浴することがおすすめです。
起床後から昼までの時間に入浴するのが最も効果的。

 

代謝は朝が高く、夜になると低くなるものです。
代謝の良い午前中の間に入浴することで、1日中ぽかぽかに温まった体で過ごすことができます。

 

ゆっくりお風呂に入る時間をもつことでリラックス効果も期待できますね。
冷えやストレスは体温を下げてしまいます。
このように、毎日の入浴の方法を見直すことで、低体温を効果的に改善しましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

基礎体温を上げる方法は女性も男性も同じ。
女性にも男性にも共通する基礎体温を上げる方法を紹介しています。女性不妊や男性不妊だけでなく、ダイエットや病気予防に役立ちます。
低体温にいい漢方はどれ?
漢方の得意分野である低体温は、自分にあった漢方を調合してもらい、健康美を目指すことができます。
低体温を運動で治す方法
どんな運動で低体温を改善できるのか?効果のある方法を紹介しています。
低体温の食事は何を食べればいい?
低体温を治すために、食べる食事と食べ合わせについて紹介しています。
平熱が低い人は酵素で体温を上げる!
平熱が低い人は、酵素不足が原因で、疲れやすかったり微熱でしんどくなったりします。酵素とは何か、体にどんな影響をもたらすのか、わかりやすくまとめています。
酵素たっぷりレシピならこれ!
低体温を改善するための酵素が沢山入ったレシピです。
褐色脂肪細胞を増やし低体温を改善する方法
褐色脂肪細胞を増やし活発にすると体温が上がる。低体温を改善するダイエットにもなる方法を紹介。
低体温に効果のあるエクササイズをやってみよう!
低体温に効果のある、3分エクササイズを紹介しています。