平熱が低い酵素で改善

【スポンサーリンク】

平熱が低い酵素不足はどんなリスクがあるのでしょう?

美容・健康志向が強い近年、「酵素」という言葉をよく聞きますね。
実際、酵素とはどのようなもので、どう体に影響を与えているのでしょうか。
平熱が低いことと関係があるのでしょうか?

 

酵素とは様々な働きをするたんぱく質からできる分子で、エンザイムとも呼ばれています。

 

酵素は呼吸や、筋肉運動など、人間の生命活動のすべてと関わるものです。
なければ、人が生きていくことができないと言えます。

 

酵素には約3000もの種類があり、
食べ物を消化する酵素や新陳代謝を促進する酵素や排泄に関わる酵素など、
様々な働きがあります。

 

酵素は特定の場所にしか働きません。
例えば、消化酵素のアミラーゼは唾液に含まれ、でんぷんを分解します。

 

胃液にはプテアーゼという酵素が含まれ、たんぱく質を分解。
また、すい液にはリパーゼという酵素が含まれ、脂肪を分解します。
このように、酵素にはそれぞれ特定の役割があり、どの酵素にも代わりができないのです。

 

もし
酵素が不足してしまった場合、糖やたんぱく質や脂肪が分解されず、
未消化のまま吸収されて血液の中に。
すると血液はドロドロになり、血流も悪くなります。血流が悪いと低体温につながってゆくのです。

 

生命活動を万全に行うためには、酵素を不足させないようにしなければなりません。

 

酵素不足は血流を悪くし、体温も下げてしまいます。
食事で補い、36.5℃以上の体温を維持できるようにしましょう。

 

酵素には潜在酵素と食物酵素の2種類があり、潜在酵素は人間の体内で作られるもの、
食物酵素は、体の外にあります。これは食事によって補えるのです。

 

食物酵素によって、体の消化などの働きを助けることができます。
例えば、大根などに含まれるカタラーゼという酵素は発がん性物質の働きを抑えます。

 

酵素は食べることによって補給することができるのです。
そして食品に含まれる酵素は、酵素を含んでいない食品と食べることで効率よく働くので、
食べ合わせにも工夫が必要です。

 

 

酵素は新鮮な生の食品や生野菜、味噌やしょうゆ、納豆などの発酵食品に含まれています。

 

これらを、酵素を含まない、白米や火を通した肉や焼き魚などと合わせて食べるのが効果的です。
ただ、酵素はたんぱく質なので、加熱すると壊れてしまうので調理法に注意しましょう。

 

最近は酵素を補うためのサプリメントなども多く販売されていますが、
まずは食事でしっかり補えるようにしてみましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

基礎体温を上げる方法は女性も男性も同じ。
女性にも男性にも共通する基礎体温を上げる方法を紹介しています。女性不妊や男性不妊だけでなく、ダイエットや病気予防に役立ちます。
低体温にいい漢方はどれ?
漢方の得意分野である低体温は、自分にあった漢方を調合してもらい、健康美を目指すことができます。
低体温を運動で治す方法
どんな運動で低体温を改善できるのか?効果のある方法を紹介しています。
お風呂で低体温を治す方法
毎日のお風呂で低体温を治す効率の良い方法を紹介しています。
低体温の食事は何を食べればいい?
低体温を治すために、食べる食事と食べ合わせについて紹介しています。
酵素たっぷりレシピならこれ!
低体温を改善するための酵素が沢山入ったレシピです。
褐色脂肪細胞を増やし低体温を改善する方法
褐色脂肪細胞を増やし活発にすると体温が上がる。低体温を改善するダイエットにもなる方法を紹介。
低体温に効果のあるエクササイズをやってみよう!
低体温に効果のある、3分エクササイズを紹介しています。