低体温を漢方で治す

【スポンサーリンク】

自分に合った漢方で低体温を治す

低体温を漢方の力で治すのは、漢方の得意分野だと言えます。
漢方は中国が起源の薬。

 

体に様々な不調をもたらす低体温。
健康だけではなく美容にまで悪影響を与えてしまいます。

 

もともとは寒さで傷ついた体を癒すための薬であったと言われています。
漢方では、体の冷えが様々な症状につながると考え、冷えの改善を重要視しています。

 

冷えのもとになっている症状や、冷えが原因となって起こっている症状によって、
処方される漢方も様々です。

 

例えば、
全身が冷え新陳代謝が低下している場合は当帰健中湯(とうきけんちゅうとう)などが使われます。

 

胃腸が弱って低体温を引き起こしている場合は
人参湯(にんじんとう)や真武湯(しんぶとう)などが処方されます。

 

また、低体温によって不妊症となっている場合は当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や
当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆきょうとう)、

 

めまいの症状が起こっている場合は苓桂求甘湯(りゅうけいじゅっかんとう)、
麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)など、
現れる症状によってそれぞれ適した漢方があります。

 

東洋医学の考え方では、低体温は血行が悪くなっている「陽気不足」の状態です。

 

陽気不足を改善すれば、血流が良くなり、低体温の改善につながると考えられています。
陽気不足の体質改善に効果的な漢方としては、
十全大補湯(じゅうぜんたいほゆ)、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、参茸補血丸(さんじょうほけつがん)、
海馬補腎丸(かいまほじんがん)などが挙げられます。

 

また、血行を促進して体温あげるものとして、
冠元顆粒(かんげんかりゅう)や松寿仙(まつじゅせん)を併用することもあります。

 

近年、低体温は子供にも増えていますが、子供にも使える低体温改善の漢方として、
小建中湯(しょうけんちゅうとう)や黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)などがあります。

 

このように、低体温を改善とする漢方と言っても、その症状や体質、年齢により様々なものがあります。
漢方を扱う薬局や東洋医学を専門とする機関では、
専門家のカウンセリングで自分に合った漢方を処方してくれます。

 

低体温を防ぐためにはバランスのとれた食生活や、運動習慣が必要ですが、
それでもなかなか体温が上がらない人、
さらに体温を高く安定させたい人は、漢方を活用してみてはどうでしょう。

 

また、頭痛薬や風邪薬など、市販薬には体温を下げる作用があるものが多くあります。

 

漢方には体を温めながら症状を改善してくれるものがあるので、体温を下げず
体調不良を改善するなら漢方がおすすめです。

 

症状に合った漢方をうまく利用しながら、低体温を改善して健康体、健康美を目指しましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

基礎体温を上げる方法は女性も男性も同じ。
女性にも男性にも共通する基礎体温を上げる方法を紹介しています。女性不妊や男性不妊だけでなく、ダイエットや病気予防に役立ちます。
低体温を運動で治す方法
どんな運動で低体温を改善できるのか?効果のある方法を紹介しています。
お風呂で低体温を治す方法
毎日のお風呂で低体温を治す効率の良い方法を紹介しています。
低体温の食事は何を食べればいい?
低体温を治すために、食べる食事と食べ合わせについて紹介しています。
平熱が低い人は酵素で体温を上げる!
平熱が低い人は、酵素不足が原因で、疲れやすかったり微熱でしんどくなったりします。酵素とは何か、体にどんな影響をもたらすのか、わかりやすくまとめています。
酵素たっぷりレシピならこれ!
低体温を改善するための酵素が沢山入ったレシピです。
褐色脂肪細胞を増やし低体温を改善する方法
褐色脂肪細胞を増やし活発にすると体温が上がる。低体温を改善するダイエットにもなる方法を紹介。
低体温に効果のあるエクササイズをやってみよう!
低体温に効果のある、3分エクササイズを紹介しています。