低体温の食事療法

【スポンサーリンク】

低体温の食事は何をどう食べるか

低体温の大きな原因は食生活の乱れです。
朝食を抜いたり、ダイエットなどによって偏食することが低体温につながります。

 

人の体温は食事と運動によって生み出されているものです。
食事をおろそかにすると、体でうまく熱を発せず、低体温に陥ります。
毎日の食事に気を配るだけで、体温を高めるのに絶大な効果があります。

 

では、低体温の食事には何を、どう食べたらいいのでしょうか。

 

そこで、まず普段の食事の内容を見直してみましょう。

 

食品には体を温めるものと冷やすものがあり、食べた物を熱に変換するのに有効な食品もあります。
知らないうちに、体温を下げてしまいやすい食品を摂っているかもしれません。
体温を上げるために有効な食品や、おすすめの食べ合わせをご紹介します。

 

まず、体を温めるとされている食品。これらのことを陽性食品と呼び、積極的に摂りたい食品です。

 

陽性食品として挙げられるのは、白米や肉、魚介類、赤身の肉、卵やチーズ。
調味料なら塩、しょうゆ、味噌が陽性食品です。

 

野菜なら大根や人参、ごぼうなどの根菜類。ねぎや生姜、にんにくなどの香味野菜も体を温めます。

 

梅干しやたくあん、めんたいこなども陽性食品なので、白米と合わせて食べるにはもってこいですね。
お酒なら、日本酒、焼酎の湯割り、赤ワインなどが陽性です。
全体的に赤っぽい、黒っぽい食品には陽性のものが多いです。

体を冷やす陰性食品とは

反対に体を冷やすのは陰性食品と言います。

 

陰性食品は牛乳、豆腐、投入、ヨーグルトなどの白っぽい食品や、
油や砂糖、マヨネーズも挙げられます。

 

野菜ならレタスやキャベツなどの葉菜類や、キュウリやトマトなどの夏野菜は体を冷やします。
バナナやパイナップルなど、熱帯地域で育つ果物も陰性食品です。

 

陽性、陰性のどちらでもない中性食品としては、
そばや玄米、大豆や納豆、野菜ならかぼちゃやさつまいも、果物ならりんごがあります。
黄色っぽい食品には中性のものが多いです。

 

体を温めるためには陽性食品を積極的に食べ、陰性食品は控えめにとりましょう。

 

陰性食品でも、牛乳はホットミルクにしたり、豆腐やレタスにキャベツやトマトでも
火を通して、温めて食べる工夫をすると、また違ってきますね。

 

体温を上げて保つためには、毎日の食事に体を温める食品を取り入れることが必要です。

低体温を改善する食べ合わせ

毎日の献立に役立つ、健康な体作りと低体温の改善にぴったりの食べ合わせをご紹介します。

 

まずはカレー粉+お米。

 

カレーライスは日本人にも身近で、
小さな子供からお年寄りにも人気のある食べ物なので取り入れやすいですね。

 

カレー粉の中にはレッドペッパー、チリペッパー、生姜、シナモン、ローリエ、ナツメグ、にんにく、サフラン、
コリアンダーなど多くの香辛料が含まれていて、それらは体を温めてくれます。

 

お米も体を温めてくれる食品なので、カレーライスは低体温改善にぴったりの食べ物と言えます。

 

お酒のおつまみには、たこ+お酢や、いか+わさび、ゆず+はまぐりの食べ合わせがおすすめです。

 

いかはタンパク質を含み、低カロリーの食品です。わさびには体をあたためる効果があります。

 

たこも高たんぱく、低カロリーで、血行促進効果も。
肝機能を高めたり疲労回復の効果もあるお酢と合わせて酢の物にするといいでしょう。

 

ゆずは新陳代謝を活発にする成分リモネン、シトラールを多く含みます。また、ビタミンCも多く含みます。
鉄分たっぷりのはまぐりとあわせて食べると、ビタミンCによって鉄分の吸収を助けてくれます。

 

毎日のおかずに取り入れやすそうなのが、豚肉+たまねぎ、ブロッコリー+ごま、ほうれん草+カキ、
レバー+にんにく、さといも+味噌などの食べ合わせ。

 

たまねぎには血液をさらさらにする効果があります。
そして豚肉のビタミンB1には、疲労の原因となる物質の乳酸をエネルギーに替える力があります。

 

血行促進、疲労回復効果が期待できる食べ合わせです。

 

ブロッコリーとごまは活性酸素を抑えて老化を防止する効果がある食品です。
ブロッコリーのごまあえは副菜にぴったりのメニューですね。

 

ほうれん草には鉄分や葉酸など、血液を作るのに効果的な栄養が含まれています。

 

栄養価が高く、体内では作られない必須アミノ酸を含むカキとの食べ合わせは、
低体温改善にも貧血防止にももってこい。

 

カキとほうれん草のグラタンなどにすれば、おいしく食べられそうですね。
鉄分が豊富に含まれるレバーと、スタミナをつけるのに効果的なアリシンを含むにんにくの食べ合わせは、
貧血防止や体力増強の味方になってくれます。

 

味噌は体を温めてくれる調味料。さといもとあわせて食べれば、新陳代謝を高め血行を良くしてくれます。

 

とにかく体をぽかぽかに温めて、冷え知らずの体にするなら、カモミール+しょうが、
コリアンダー+とうがらし、ニラ+キムチなどの食べ合わせ。

 

どの食品にも体を温める作用があり、発汗効果も。脂肪を燃焼させる効果もあります。

 

このように、体を温め、
血行促進効果や新陳代謝を活発にする食品を有効に食べ合わせていきましょう。

 

毎日の食事に取り入れこつこつ続けていけば、低体温も改善され、健康美を手に入れることができます。
健康や美しい体作りは体内から。体内を健やかにするには、やはり食に鍵があるのです。

【スポンサーリンク】

関連ページ

基礎体温を上げる方法は女性も男性も同じ。
女性にも男性にも共通する基礎体温を上げる方法を紹介しています。女性不妊や男性不妊だけでなく、ダイエットや病気予防に役立ちます。
低体温にいい漢方はどれ?
漢方の得意分野である低体温は、自分にあった漢方を調合してもらい、健康美を目指すことができます。
低体温を運動で治す方法
どんな運動で低体温を改善できるのか?効果のある方法を紹介しています。
お風呂で低体温を治す方法
毎日のお風呂で低体温を治す効率の良い方法を紹介しています。
平熱が低い人は酵素で体温を上げる!
平熱が低い人は、酵素不足が原因で、疲れやすかったり微熱でしんどくなったりします。酵素とは何か、体にどんな影響をもたらすのか、わかりやすくまとめています。
酵素たっぷりレシピならこれ!
低体温を改善するための酵素が沢山入ったレシピです。
褐色脂肪細胞を増やし低体温を改善する方法
褐色脂肪細胞を増やし活発にすると体温が上がる。低体温を改善するダイエットにもなる方法を紹介。
低体温に効果のあるエクササイズをやってみよう!
低体温に効果のある、3分エクササイズを紹介しています。